防音-HOME > 住宅防音分野(防音室) > プライベートスタジオ・ドラム室

住宅防音分野 -サウンドクリニック-

マンションや一戸建て住宅での防音工事、ピアノ防音。
防音室やホームシアターなど

お問い合わせ
東京本社 TEL(03) 5421-7522
大阪支社 TEL(06) 6222-7026

プライベートスタジオ・ドラム室

NEAスタジオ・ドラム室
 
  • 「自宅でバンド演奏したい。」 「ドラム、ベースギターを弾きたい。」
  • 「自宅で録音したい。」
  • 「自宅で太鼓の練習がしたい。」

プライベートスタジオ・ドラム室を自宅に。そんな夢を実現しませんか。

ドラムやエレキベース等の低周波が音源の楽器の防音は簡単ではありません。
NEAのプライベートスタジオ・ドラム室は、建物(住宅)の構造に、固定遮音層をプラスして、さらに部屋の中に防振構造の部屋を作る、ルームインルームの完全浮き構造です。
住宅の場合、一戸建ての1階部分か地下等(床下に重さをかけても大丈夫)、という制約はございますが、 非常に高い遮音性能と、音響性能を備えたプライベートスタシオ・ドラム室をご提供いたします。

※マンション等は一般的には不可。一般建築の場合は確認が必要です。

遮音

プライベートスタジオ、ドラム室で発生する音が外部に漏れて近隣に迷惑がかからないようにすることが大切です。このことは同時に外部からの騒音の侵入を防ぐことにもつながります。
部屋の中に、床・壁・天井のすべてが建築本体と振動絶縁されている部屋を作る完全浮き構造が必要になります。 それでも低周波の音は建物を伝わって漏れてしまいます。
当社では、建物(住宅)の構造と完全浮き構造の間に、固定遮音層をプラスして高い遮音性能を実現いたします。
開口部についても遮音性能の配慮が必要です。防音ドアや防音サッシ等の建具の性能、本数、位置、コストを考えて設計することも重要です。
場合によっては、外部への開口部は設けない等の計画も必要です。
内装の仕上げや、空調設備(エアコン)、換気設備、電源(コンセント)、照明器具等、遮音性能、便利さや、デザイン性も考えてトータルプロデュースいたします。

※防音建具や、音響建材を使用するため、デザイン、素材には制約、限界がございます。
※和太鼓等、各種太鼓の練習室も同様に対応可能です。

音が良い空間

実際に部屋で聴こえる音は、楽器等から出た音と、部屋の床、壁、天井に反射した音が混じりあった音です。
本来の音を聴くためには、室内の反射音を適性にコントロールすることも重要なポイントです。
プライベートスタジオ、ドラム室は、住宅内に造られるため、部屋の形状は直方体になる場合がほとんどだと思います。直方体の部屋というのはブーミングや、高音域でのフラッターエコー等の音響障害を生じやすいのです。それらを防ぐために平行する反射面を設けないようにする等の配慮が必要になります。
また、背後空気層をとった吸音層を設ける等の計画も必要です。 吸音材や反射面等、音響調整建材を貼るだけではなく、バランスよくトータルに考えて責任設計、責任施工いたします。

用途
  • プライベートスタジオ
  • ドラム室
  • 和太鼓、各種太鼓練習室
BACK NEXT

このページのトップに戻る

製品に関するお問い合わせ・ご質問はこちら
東京支社 TEL(03)5421-7522 大阪支社TEL(06)6222-7026 ご質問・お問い合わせ
>> サイトマップ    >> 個人情報保護方針