検査室

防音新商品研究開発・各種音響試験

お問い合わせ
東京本社 TEL(03) 5421-7522
大阪支社 TEL(06) 6222-7026

無響室

室内の壁面を完全吸音とし、自由音場を再現した実験室です。 浮き構造による防振と2重の遮音構造を採用しました。 発生騒音レベルの低い空調設備により、恒温恒湿での実験が可能です。 無響室単独では、スピーカー等の音響機器の特性の測定、模型実験、および聴覚心理実験などに利用します。
残響室と隣接し、共通の開口部(W=3.6m H=2.4m)を持つことが特徴です。 この残響室との開口部を用い、音響透過損失の測定を行います。

無響室内部
無響室内部
 
逆自乗則測定結果
逆自乗則測定結果
防振構造遮断周波数 約10Hz
内法寸法 D7.8m W8.6m H7.7m
カットオフ周波数 約50Hz
暗騒音 空調 ON 15dBA以下
空調 OFF 測定限界以下
  NEXT

このページのトップに戻る

>> サイトマップ    >> 個人情報保護方針