建築音響分野

無響室・残響室・音響試験室

音響試験室

音響実験や音響試験を行う際に用いられる施設は無響室と残響室に大別されます。

無響室・半無響室では以下のような測定を行います。

  • 音響パワーレベルの測定
  • 工業製品・スピーカ等の指向特性の測定
  • 心理評価実験

残響室では以下のような測定を行います。

  • 残響室法吸音率の測定
  • 音響パワーレベルの測定  など

無響室や残響室を併設し、試料を取り付ける開口を設けることで、遮音性能・透過損失の測定が可能となります。

  • 残響室-残響室:残響室法による透過損失の測定
  • 無響室-残響室:音響インテンシティ法による透過損失の測定

ご希望の用途や測定項目に併せて、無響室・残響室設計をいたします。
音響試験室の移転や拡張に対応したタイプもご用意しております。

組立式音響試験室

解体・移設・拡張ができる多用途音響試験室です。

用途

  • 無響室、半無響室
  • 残響室
  • 風洞試験室
  • 製品検査室
  • 海外工場向け音響試験設備

特長

  • パネル式なので、解体移設ができます。短工期での設置が可能です。
  • 遮音性能・吸音性能については、ご相談の上要求性能にお答えできます。
  • 音響試験室についてはオーダーサイズ対応ができます。

導入実例

某国公立大学音響試験室です。試料性能評価にご活用いただいております。

無響室

床面・壁面・天井からの反射音の影響をなくした部屋を、無響室と呼びます。
一般的な部屋で音を発生した場合、音源からの直接音以外にも壁や家具などからの反射音も同時に発生してしまいます。
無響室では全ての反射面に吸音材を設置することで、音源からの直接音のみを測定することが可能となります。

半無響室

無響室では床・壁・天井の6面全てに吸音材を設置しますが、その内の1面(一般的には床面)を反射面とした部屋を半無響室と呼びます。工業製品は床面に置いた状態で使用する製品が多い為、それらの製品の測定をする場合には、半無響室が使用されます。また、無響室の足場は反射の影響を抑えるためメッシュ状となり、重量物を搬入することが難しくなります。半無響室では資材の運搬が容易というメリットもあります。

吸音材について

無響室では、楔状の吸音材が使われることが一般的です。
測定する周波数範囲によって吸音楔の形状・大きさが決定され、低い周波数まで測定する場合には、大きいサイズの吸音楔が必要となってきます。(対象周波数が100Hz 以上で、吸音楔の高さは800mm 程度となります)
また、吸音材が設置されていても反射面の近くでは反射音の影響が出てきますので、低周波数の音を、余裕をもったスペースで測定するためには非常に大きな空間が必要となります。

逆二乗則とは

無響室のように反射音の影響を受けない空間は、自由音場と呼ばれます。自由音場では、音源から放射された音波が球面状に広がっていくと考えられます。音源から距離が遠くなるほど、音波の球面は広くなり音の強さは小さくなります。このときの減衰量は球面の面積(4πr^2) に反比例し、音源からの距離の逆二乗と対応するため、この性質は逆二乗則と呼ばれています。逆二乗則を満たしているかを測定することで、自由音場が成立していることを確認することが出来ます。

残響室

拡散音場が得られるように作られた部屋を残響室と呼びます。
拡散音場とは、以下の条件を満足する空間をいいます。

  1. 室内のエネルギー密度はあらゆる点で等しい。
  2. 室内のあらゆる点で、各方向に単位時間に流れるエネルギーの大きさは等しい。
  3. 室内のあらゆる点で、音のエネルギーは対数的に減衰し、その減衰率は場所によって変わらない( 時田保夫 監修 (2000). 音の環境と制御技術 第Ⅰ巻基礎技術 フジ・テクノシステムズより引用)

拡散音場を実現するためには、室容積を大きくする必要があります。JIS A 1409『 残響室法吸音率の測定方法』では150 ㎥以上と規定されています。また直方体の残響室では音圧分布に偏りが発生しやすいため、不整五角形七面体の形状が採用されることが多くなっています。

無響室・半無響室の施工実績へ